読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mitimasa’s blog

片想いが終わるまでの話をしよう。

忘年会にいく


忘年会の参加調査を慕ってた先輩に聞かれたから軽率に参加と答えた。

当日もあんトーストから電話があって、浮かれて行ったなぁ。
その電話で初めて名前呼べた。苗字だけど。
「 あん さん、おつかれさまです」って。
考えてみればお酒飲めないし、同年代の男子にがてでずっと飲み会とか避けてたのに。

f:id:susususukikiki:20170101031631j:image

気合の7センチヒール。
服はジーパンに毛玉つきのニット。
自分、勝負服、持ってなかった。

中華店だった。
早めに着いて、自由に座ってって。
ターンテーブルが回したくて適当に座ったら、思いっきり上座だったっていう。
今ならわかる。そのときは知らなかった。
誰も言ってこなかったけど。

最初に女2人座ったせいで、ほとんど女のひとのテーブルだった。
恋話をするけど、あまりにもなさすぎて理想のデートについて話してた。
緊張するーっていったら、
美味しいパンケーキに2時間だけって初めに伝えていけ、って結論に至った。

肝心のあんトーストは1番遠い席。
期待してた私服でもなく、仕事終わりのスーツ。
2時間くらいの忘年会だったけど、ゆっくり席移動で近づいてて、あと15分もあれば同じテーブルだったんじゃ?って思う。

それはそうと、仲のいい1個上の女の先輩も年上好きで、好きなひと聞かれて答えてなかったんだけど、もしかしてカブってる?
おなじひとを…?思い込みすぎ?

まぁどちらも見込みないけど。

最後にお酒飲んでないよね?って確認にきた。
飲めないし飲んでないよ。
烏龍茶飲みまくってお腹たぷたぷ。
でも雰囲気で酔えるからにこにこ、いや、にやにやか。
ふわふわしてた。

忘年会終わってお店を出たとき、他のひとからこの前のお財布忘れ事件、大丈夫だったかって聞かれた。
泣いたんでしょって。
言ったなー?あんトーストめ。

二次会のカラオケ組とわかれて駅に向かってたら、おじさん先輩が話しかけてきた。
お世話になったひとだし全然嫌じゃないのに、「女の子におじさんが絡んじゃダメですよー」って。
引き剥がしてた。
そのあと絡まれてたけど。笑

駅がおなじもうひとりのおじさん先輩とも話してたら、「◯◯さんについていっちゃダメですよー」って。
電車がおなじ女の先輩と2人で帰ったけど。

私が危ないと思ったのか、おじさんが危ないと思ったのか、はたまたもうひとりの女の先輩を守りたいと思ったのかはわかんないけど、
気にしてくれてたの、すっごい嬉しかった。

できることなら隣に座りたかったな。
仕事の話やプライベートの話、もっと聞きたかった。
知りたかった。

なにがすき?
なにするのがたのしい?
どんなおかずがすき?
さいきんかったものは?
やすみのひはなにしてる?
どんなひとをすきになった?